伊藤建装の國武です。
現在施工中の現場の中で、本日はニチハのパミールという屋根材を紹介させて頂きます。

image

image

このように屋根材の表面がミルフィーユのように捲れてくるのが特徴です。
築15年前後のお宅でまれに見られます。
このように傷んでいると、いくら良い材料を塗装しても下地から捲れて意味がなくなります。
今回は傷みが早期の内でしたので、塗装をさせて頂きました。
通常3回塗りの工程に加え、シーラーをもう一回塗装して、シーラー2回+上塗り2回の系4回塗装しました。
シーラーを一工程増やす事で、下地の強化を計り、捲れ難くしました。

image

image

このように仕上げる事が出来ました。
お施主様も私からパミールの屋根と聞くまでは知らなかったとの事でしたので、皆様もむやみに塗装をするのではなく、しっかりと信用のおける業者に依頼して、調査をした後に工事内容を決めて頂きますよう気をつけてください!!
伊藤建装は責任を持って工事内容を決め、施工させて頂きます!